« 儲かる発想 ロングセラー | トップページ | アイデアの元「セレディピティ」 »

2015年5月21日 (木)

「Apple Watch」がもたらす世界

Img_7574_2

「Apple Watch」である。使用してみてよくレビューにあるように通知を見なくても良い(iphoneを取り出さない)というのは省力化できる。会議中にちらっと見るというのも含め取り出さないというのは巨大化しつつあるスマホ端末に対して一石を投じるものだと思う。
しかしながらこれはあくまでリモート端末なのだ。
NTTドコモが2003年に発売していたPHSウェアブル端末「リストモ」は単独で通話もでき、電話をスピーカーでなく電話自体が受話器に変形するという1つの答えであった。「Apple Watch」はスピーカー通話であるため、まわりに割と迷惑だ。

デザインはマークニューソンも絡んでいるという情報もあり、さすがと言えるが
機能的に「Apple Watch」の完成度は今だ手探りの感がある。
「Apple Watch」に求めるのは単独での使用できるかにあると思う。
携帯を文字どうり身につけるを実現してほしい。
アップルのお家芸である切り捨てるによって可能ではあろう。
ジョブズの居ない今それがうまく機能するか今後に期待したい。

|

« 儲かる発想 ロングセラー | トップページ | アイデアの元「セレディピティ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Apple Watch」がもたらす世界:

« 儲かる発想 ロングセラー | トップページ | アイデアの元「セレディピティ」 »