« 悩みを解決するロールモデルとは? | トップページ | 仕事を順序立てて準備をしながら進める「段取り力」ありますか? »

2015年6月 2日 (火)

働くなかで気になるのは、自分がどれだけ仕事ができると思われているかの評価。

Httpswwwpakutasocomassets_c201402gr

職場で働くなかで気になるのは、自分がどれだけ仕事ができると思われているかの評価。逆に、自分でも周りを見渡して「あいつは仕事ができない」と思うこともあります。仕事ができそう、できなさそうという評価は、ささいな口癖や発言から想像されるものです。
3つの要注意!なクセから自分がそんな発言をしていないかチェックしてみましょう。

1 ほかのデキる人を引き合いに出す
「あの人ならもっとうまくやれたのに」など、仕事の結果を誰かを引き合いに出して責めるのは、相手を必要以上に傷つけがちです。また、引き合いに出された人もいい気持ちのすることではないので敵を増やしてしまう結果にもつながります。

2 ~するべきと決めつけて、他人にも実行を求める
なになにすべき、という使命感は仕事のモチベーションを維持する方法としては持っておいていい考え方ですが、なんでもすべきだからしろ形式ではどうしてその行動を取らなければいけないのかわからない人には反感を買いがちです。
固定観念に縛られていると判断されることも。

3 異性を馬鹿にする。ひとくくりにする
「男ってすぐにそう」や、「女は信用できない」など、相手の性別を根拠に判断する人は頭が固いと思われがち。
また、「我々は」などのひとくくりにする言葉を多用する人も注意です。
軽い気持ちで言ったことでも、相手に反感を覚えられるとずっと悪印象がつきまといます。
会話する相手を大事に扱いながら目的の仕事を達成するにはどうすればいいかを立ち止まって考えることで、仕事ができなさそうな印象を与えることはグッと減るはずです。印象が良いだけでビジネスが加速することもあるので軽視は禁物です。

|

« 悩みを解決するロールモデルとは? | トップページ | 仕事を順序立てて準備をしながら進める「段取り力」ありますか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くなかで気になるのは、自分がどれだけ仕事ができると思われているかの評価。:

« 悩みを解決するロールモデルとは? | トップページ | 仕事を順序立てて準備をしながら進める「段取り力」ありますか? »