« 文化的な生活とは何か。 | トップページ

2017年12月29日 (金)

消費革命の時代

これから近年は産業革命のように大きく変化することがないように思う。

むしろ限られた資源の取り合いでシェアエコノミーなどの消費より効率に向かいつつある。

一度生産されたものは、消費され、完全にその機能が失われる前に次の消費に移行する。

まだまだ走る車を買い替える。新しいものを良しとし、消費することで経済を拡大している社会。果たして人は豊かになったのだろうか。

21世紀に入ってからテクノロジーは人を豊かにすることより、人から時間を奪い生産性のない時間の消費に向かわせる方向になっているように思う。

本来あるべき姿。とは何かを問いたい。

ものを作り出す時代から、一番いいものを継続して効率を拡大する消費革命の時代がもうすぐそこまで来ている。あるべき姿を考えてものを修復修正することが継続につながるならば新しいことを生産して浪費するより素晴らしいことのように思う。

|

« 文化的な生活とは何か。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費革命の時代:

« 文化的な生活とは何か。 | トップページ